いざ台湾桃園国際空港から台北に!移動方法とやることまとめ

トリップラーの企画で台湾に初めて行きました。

久しぶりの海外だったので、入国審査で出鼻をくじかれましたが・・・

(いや、僕がアホなだけですが)

 

台湾についてやることと、台湾桃園国際空港から台北移動の備忘録です。

 

 

台湾桃園国際空港についたらプリペイドSIMを契約しよう!

約3時間半のフライトを終えて、台湾桃園国際空港に到着!

ピーチを使ったので少し狭い座席でしたが、時間が短いので問題なし。

台湾桃園国際空港の到着後は、「換金」と「プリペイドSIMの契約」をしましょう。

 

因みに・・・

入国審査の際、滞在先ホテル名を聞かれたのですが、メモしてなかったので、再度調べて列に並びなおし・・・

これで1時間くらいロスしました・・・^^;

久しぶりの海外、色々と忘れてました・・・

滞在先ホテルと帰国便は、メモで持ってないとダメでしたね・・・

僕みたいなアホなミスはしないように気を付けましょう!笑

 

台湾元の換金は台湾桃園国際空港で!

日本円から台湾元への換金は、日本の空港よりも現地のほうがレートが良いです。

日本では換金せずに、台湾桃園国際空港で換金しましょう!

 

因みに、入国ゲートを出るとすぐに1つだけ換金所があるのですが、

ここ以外にも沢山換金所はありました。

沢山の人が並んでいたので僕も並んだのですが、かなり時間の無駄でしたw

 

ネット環境はプリペイドSIM契約がオススメ!

海外でネット環境は必須!

フリーWi-Fiだけだと、現在位置が分からない時があり、かなり不便です。

 

日本の空港でも、レンタルWi-Fiルーターとかありますが、少し高いです。

現地のプリペイドSIMは、SIMフリースマホがあれば利用可能。

数日であれば、1,000円前後で契約できます。

 

空港に沢山プリペイドSIMが売っていますが、

オススメは、中華電信

・・・というか、「台湾 プリペイドSIM」で検索して1位にヒットした記事を参考にしました。

台湾旅行のプリペイドSIMなら中華電信

調べる時間が無いときは、1位のサイトを信じる!笑

5日で300元(約1,100円)で、LTE回線が使い放題。

かなりお得です!

他の国だと、500M/1日とかだったりするので、かなり良心的です。

これ契約すれば、全然仕事もできちゃいますね。

 

契約は、パスポートを提示してサインするだけ。

設定とかも色々やってくれるので、特に難しいことはないです。

 

 

台湾桃園国際空港から台北に移動!

台湾桃園国際空港から台北へは、MRT桃園空港線を使いました。

現地では「桃園捷運機場線」「Taoyuan Airport MRT」と表記されています。

なんと、2017年3月2日に開業したばかりなんだとか。

とても綺麗な車内で、大きな荷物を置くスペースもありました。

 

MRTは切符の代わりにICチップ搭載のコインを使います。

このコインをゲートにタッチして入場。

日本で言うスイカのようなカードを購入することもできます。

 

料金は160元で、約35分程で台北に到着。

タクシーよりも費用を抑えられ、バスよりも快適なのでMRTがオススメですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です