バンコクのアナログホステルに泊まってみた感想。朝食無しで少し割高?

バンコクにAIS DCという年間4,500円で使える神ワーキングスペースがあり、そこで作業するためにスクンビットに来ているのですが、近くに沢山ゲストハウスがあり、何処が良いのか分からなかったので転々としながら合計5つのゲストハウスに宿泊してみました。

その中の1つが、この「アナログ ホステル(Analog Hostel)」です。

このゲストハウスの良いところ、悪いところを僕なりの視点でお伝えします。

※AIC DCコワーキングスペース利用のため長期滞在するという前提のもとレビューしていますが、それ以外の目的の人にも参考になるかとは思います。またゲストハウスの検索はAgodaを利用しております。

 

バンコク アナログホステル(Analog Hostel)の良い点・悪い点

アナログホステルは、Phorom Phong駅から徒歩10分くらいの場所にあります。

  • 宿泊費:1,200円前後(朝食無)
  • AIS DCまでの距離:徒歩約10分
  • ランドリーサービス無し

 

アナログホステルの感想

おすすめポイント

  • テーブルを使っている人が少なく、PC作業もできる
  • WiFi速度、電波が良い
  • 清潔感がある
  • 宿泊者含め、全体的に落ち着いて過ごせる

ちょっと残念だったところ

  • 他のゲストハウスより少し高い
  • 朝食が無い
  • テーブルの近くに電源コンセントが少ない
  • 洗濯機が無い

アナログホステルの良いところは、施設が広々としていて、くつろいで過ごせるところ。共有スペースに大きなテーブルがありますが、あまり使っている人がいないのでPC作業もがっつりできました。ただ、電源コンセントが奥の席にしかなく、そこを占領されてしまうとキツイです。WiFiは速度・電波共に良好でした(※WiFiは宿泊者数によってかなり変わることあり)。PC作業する環境としては、まずまずって感じかな。

料金に関しては、他のゲストハウスよりも少し高いです。だいたい1泊 朝食込みで1,000円くらいが多いのですが、アナログホステルは朝食無しで1,200円前後でした。生活コストをなるべく抑えたい長期滞在者には、不向きかも。僕も朝食無しが理由で、このゲストハウスは最初の3日間しか宿泊しませんでした。

あとは、地味に辛かったのが洗濯機が無いこと。タイミング的になんとか大丈夫でしたが、選択できないのは致命的。あまり長期滞在者向けのゲストハウスではないです。

とはいえ、少し価格が高いのはやっぱり施設が広いからだと思います。清掃もしっかり行き渡っています。これだけゆったり過ごせるゲストハウスも少ないので、落ち着いて過ごしたいな~って方にはおすすめできるゲストハウスですよ!

 

アナログホステルの写真

大きめの建物。通りから少し脇の細い道を入る。

 

このテーブルでPC作業をしました。

写真右奥のノートPCが見える場所にしか電源コンセントがない。

 

他の宿泊者は、だいたいこの共有スペースでくつろいでいた。

 

水は自由に飲める。

少しだが、自由に食べれるお菓子も。

 

このゲストハウスのベッドにはカーテンが無かった。

 

dav

トイレとシャワーが同室の設計だが、清潔感はある。

 

ロッカーも大きく、余裕をもって使えた。

 

海外のゲストハウスを探すなら、AGODAがおすすめ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください