PDFファイルが勝手にChrome HTML Documentに!改善方法解説

こんにちは、Takashiです。

先日、ノートPCをDELLに買い換えたのですが・・・

その際、今までAdobe PDF Readerで開いていたPDFファイルが、勝手にChrome HTML Documentに変換されてしまう。。という事象が発生しました。

ちょっと修正するのに時間がかかったので、備忘録を兼ねてこちらにまとめていきます。

 

PDFファイルがChrome HTML Documentで開いてしまう事象

まず、どのような現象が起こっているかというと、

こんな感じで、今までPDFファイルで開けていたデータの拡張子が、Chrome HTML Documentとなり、アイコンもなぜかChromeのアイコンになってしまいました。

この現象が起きると、ExcelファイルをPDFに変換しようとしても、Chromeで開いてしまうため、PDFファイルとして保存できない・・といった不都合が起こります。

 

この現象は、OSを再インストールしたり、パソコンを新しくした人に起こる問題かなと思われます。

 

解決策はとても簡単。

拡張子「*.pdf」のファイルを、特定のプログラムにリンクさせるだけです。

(※注意)この方法は、Adobe Acrobat Readerがインストールされていることが前提です。まだインストールされていない方は、以下リンクからダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader公式

 

pdf拡張子のファイルを、Adobe Acrobat Readerと関連付ける方法

まず、「コントロールパネル」の「プログラム」を選択します。

 

「既定のプログラム」を選択。

 

「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」を選択。

 

開いた一覧から、「*.pdf」を探します。

 

「.pdf」の既定プログラムが、「GoogleChrome」になっていました。

これが原因ですね!

「.pdf」を選択後、右上の「プログラムの変更」をクリック。

 

「GoogleChrome」から・・・

 

「Adobe Acrobat Reader DC」を選択します。

(この際、ソフトがインストールされてないと選択できません)

 

しばらく待つと、設定が反映されます。

 

先ほどのファイルを確認すると、アイコン&ファイルの種類ともに、Adobeに変更されました。

これで、今まで通りPDFファイルとして開くことができるようになりました。

 

以上となります。

この方法を使えば、「*.jpg」やその他拡張子で、既定プログラムの変更が簡単にできます。

覚えておいて損はないでしょう。

 

※2018年1月12日追記:ここで書いた解決方法よりも、もっと簡単に解決できることがわかりました!こちらの記事を参照ください。

ファイルを開くプログラムを簡単に変更する方法

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です