奄美大島に1ヶ月滞在した僕が選ぶオススメ観光スポットとゲストハウス

TAKASHI
どうも、離島ライフに憧れるタカシ(@takashi_gw)です。

 

「離島ライフってどんなだろう?」そんな思いから、昨年の10月、1ヶ月間奄美大島に滞在してきました。

そのときに訪れた、オススメ宿や観光スポットをまとめてみました。

 

奄美大島の活動拠点はやっぱり名瀬市!

奄美大島の中心部は奄美市(名瀬)。

一番栄えているところなので、生活で困ることは殆どありません。

活動拠点にするなら、やっぱり奄美市が一番便利ですね!

奄美大島へはほとんどの人がLCCのバニラエアを使うと思います。

なんたって、本島から片道10,000円以下!(セール期間中なら5,000円以下)

最近、大阪⇔奄美大島の便も就航したことで、観光客もグッと増えたそうです。

バニラエア公式HP

 

奄美空港⇒奄美市(名瀬)へのアクセス

 

奄美空港から奄美市へは、バスorレンタカーでの移動。

バスの移動も結構高いので、基本的にはレンタカーの方がお得感はあります。

 

バス移動

空港を出てすぐ左手に進むと、バス停が見えます。

バス停は多くないので、それほど迷わずたどりつけると思います。

名瀬市役所方面のバスに乗り、片道1,100円で奄美市中心部に行けます。

 

レンタカー

レンタカーの相場は、1日3,500円前後。奄美市までの移動だけならバスでよいですが、そのほか色々と周る場合は当然レンタカーの方が良いです。

加計呂麻島に行く場合、古仁屋まで片道2,600円程になるので、二人以上の場合は移動だけでもレンタカーが安くなります。この辺りを見極めつつ、レンタカーとバスをうまく使い分けていきましょう!

 

 

奄美大島の格安ゲストハウスなら「やどかり」が超オススメ!

今回は、奄美大島に1ヶ月間長期滞在するので安宿の確保は必須。

奄美大島の中心部「奄美市(名瀬)」には4つくらいゲストハウスがあり宿泊してみました。

その中でも特にオススメなのが、1泊なんと1,500円で泊まれる格安ゲストハウス「やどかり」です!

お気に入りのゲストハウスになりすぎて、奄美市にいる時は殆どこのゲストハウスにお世話になっていました。

皆さんにも是非泊まってもらいたい場所なので、まずはこのゲストハウスからご紹介!

 

ドミトリールーム、共有スペース

ゲストハウスって使ったことない方からすると抵抗あるかもしれません。

ですが、きっと思っている以上に快適で楽しい空間です!

 

ドミトリールームはこのような感じ。

1部屋に2段ベッドが1つ置いてありました。扇風機も2台置いてあるので暑さ対策は大丈夫かと思いますが、冷房が無いので真夏はある程度我慢が必要とのこと。

 

和室はこのような感じです。

4名前後まで宿泊可能なので、家族連れも宿泊可能ですね!

 

こちらが共有スペース。

夜になるとゲストの方が集まってくるので、交流の場となっています。

僕も、ここで知り合った方と仲良くなり、一緒にバーベキュー&テント宿泊しちゃいました^^(後程で詳しく)

 

共有スペースには懐かしの漫画も。

 

設備(キッチン、レンタルサイクル等)

大きな冷蔵庫が1つと、小さな冷蔵庫1つが自由に使えるので、長期宿泊にも最適。

 

カセットコンロも自由に使えます。僕が行ったときは、カセットボンベも用意されていました(場所によっては持参のゲストハウスも)。

 

電子レンジ、オーブンレンジのほか、炊飯器も。

 

勿論、食器類もそろっているので、料理に困ることは無いと思います。

 

無料で使えるインターネット環境も。

ただし、奄美市全体に言えることですがあまり速度は期待できません。なんとかYouTube動画が見られる程度の速度(2Mbps前後)でした(時間帯によってはもっと下がります)。

 

奄美大島のゲストハウスでは珍しく、1日100円という格安で自転車を借りることができます。

このゲストハウスで唯一デメリットに感じることが、市街地中心部からけっこう離れている点(徒歩30分くらい)。しかし、それもレンタルサイクルで解決!バスもありますが、市街地まで往復320円くらいするので自転車がオススメです!

 

周辺設備

「やどかり」は安いだけじゃなく、周辺設備も意外と充実していました!

一番助かったのが、徒歩10分くらいの場所にドラッグイレブン(AM9:00~PM11:00、年中無休)があったこと!

このドラッグストア、100円ショップも中に入っているので、旅に必要な道具を安く揃えることができました。

 

ドラッグストアのすぐ横はコンビニ。

コンビニがあればなんとかなる!そんな安心感を与えてくれます。

 

そして最後に、コインランドリー。この施設は、やどかりのすぐ横の敷地にあります。

奄美大島は日本の中でも特に降水量が多いので、洗濯物が乾かせない・・・という事態になることが多いです。そんな時でも、すぐ横にコインランドリーがあることで、洗濯物に困ることはありませんでした!

安いってだけでなく、清潔感や利便性などを含めても、やどかりは本当にオススメです(断言)!

 

因みにやどかりさんのサイト、昔はちょっと簡素な作りだったので僕がサイト制作してきました!

予約や施設案内の詳細は、こちら↓の新サイトを参考にしてみて下さい。

>>奄美大島の格安ゲストハウス「やどかり」

 

 

やっぱりハブは一見の価値あり?奄美観光ハブセンター行ってみた!

奄美市の中心部の観光スポットには、「奄美観光ハブセンター」があります。

以前は、「ハブ vs マングースの戦い」が観れる場所として有名だったそうです(今はビデオ鑑賞のみ)。

せっかく奄美来たのだから、ハブくらい・・・と思って、行ってきましたハブセンター!

 

ハブセンターの施設内

ハブセンターに入ると、まずはお土産スペース。

ハブの皮でできたお財布や、ハブ酒などなど・・・いろんなハブ商品?が売られています。

 

そこから地下に行くと・・・

 

いました!ハブ!

色んな種類のハブが観れます・・・が、特にヘビが好きではないのでちょっと見ただけですw

 

木にカッコいい感じで固まってるハブ・・・ピクリとも動かないから偽物かと思っていたら・・・

 

・・・すこ~しだけ・・・動いた!!!

後から聞いてわかったのですが、これ全部ホンモノらしいです!

いや、この状態で全然動かないから、ニセモノって思っちゃうよ。

 

こちらはハブに食べられてしまったといわれる動物たち。

流石食物連鎖の頂点とあって、予想以上に大きな動物たちが食べられてしまっています。

 

ハブの被害状況を見ると、年々被害者はかなり減りました。

今でもハブの駆除活動は行われています。

 

ハブとマングースの戦い

以前、奄美ハブセンターでは実際に「ハブ vs マングースの戦い」が観られたそうです。

今はもう実際に観ることはできませんが、昔の映像を観ることができました。ビデオとはいえ、かなり迫力がありますね!この対決、殆どマングースが勝つらしく、ハブが勝つことは何十回に1回程度なんだとか。

実は奄美大島のマングースは外来種です。ハブを駆除するために海外から持ちこまれました。しかし、実際にはハブよりもアマミノクロウサギなどを捕食してしまう結果となり、今では駆除対象となっています。2000年頃には10,000頭近くいたとみられるマングースも、2016年の調査では50頭以下にまで減ったとみられています。

 

ハブ酒をお土産に

お土産コーナーでも人気なのが、「ハブ酒」。

試飲コーナーもあるので、味か気になる方は是非チャレンジしてみて下さい!

奄美観光ハブセンター

住所:894-0036 奄美市名瀬長浜町3-15

TEL:0997-52-1505

入場料:大人500円、子供300円

 

 

奄美大島といえばマングローブ原生林!カヌー体験してみた

奄美大島で有名な観光スポットと言えば、「マングローブ原生林」。

僕も1ケ月間も奄美大島にいるのだから、一度くらいは行ってみようと思いました。

 

マングローブ原生林のカヌー体験は色んなところがツアーを出していましたが、僕が選んだのは「マングローブ茶屋」。

ここでは、カヌー体験のほかにもテント宿泊が・・・!?どうやら、一人1泊2,000円でマングローブ周辺にテント泊できるみたい!

・・・ということで、やどかりで知り合った仲間5人とマングローブ茶屋のテントに宿泊することにしました!

 

マングローブ茶屋へのアクセス

マングローブ茶屋は、奄美市中心部から車で30分程。バスでも45分程で行くことができます。

(奄美空港からは車で70分程)

 

すぐ近くには「マングローブパーク」という施設もあり、こちらでもカヌーやナイトツアーをしています。宿泊されない方は、マングローブパークも良いと思います。

マングローブパークHP

 

マングローブ茶屋でカヌー体験

マングローブに来たからには、カヌー体験は必須!

ということで、カヌー体験に挑戦してみました。

 

乗り場はマングローブ茶屋から徒歩3分くらいの場所にありました。

沢山ボートがあったので、多めの人数でも一緒に出来そう。

この時は、一緒に行った仲間3人のほかにも6名程の参加者がいました。

 

カヌーに乗る前は、スタッフのお兄さんがカヌーの漕ぎ方について教えてくれます。

しっかりサポートしてくれるので、初心者の方でも全然大丈夫!

(スタッフは先頭なので、すこ~し取り残されそうになってる方もいましたがw)

 

こんな感じで、みんなでマングローブ原生林の奥へ向かいます。

う~ん、清々しくて気持ちいい!!

 

だんだん横幅が狭く、ジャングルの中のような場所になってきました!

この辺り、いかにも「マングローブ」という感じですね!

 

ここが最深部。

この場所は、満潮時と干潮時で景観がガラッと変わります。

満潮時だと、奥までカヌーに乗ったまま進むことができます。一方、干潮時は陸にあがって生物を観察することも。僕はもうおじさんなのでカヌーで進める方が楽なのですが(笑)、お好みの時間帯を選んで挑戦してみて下さい!

 

個人的には、このように開けた場所も清々しくてとても気に入りました。

特に時間制限も無いようなので(迷惑かけない範囲で)、こんな場所でまったりするのも良いですよね!

人生初のマングローブ原生林。

奄美大島に来た際は、是非「カヌー体験」に挑戦してみて下さい!

 

マングローブにテント泊してみた!

マングローブ茶屋、もう一つのメインイベント「テント泊」。

いざマングローブ茶屋に行ってみると・・・

 

ありました!

大きなテントと小さめのテントが並んでます。

・・・というか、勝手にマングローブの中と思い込んでいたのですが、テント泊する場所は「マングローブ近くの道路脇」でした!(笑)

 

でも、なんかテントの中で宿泊って新鮮なのでワクワクします!

 

大きい方のテントの中はこんな感じ。

テーブルもあるし、テントの中で飲み会できますね!

 

マングローブ茶屋でBBQ!

テントの脇では、スタッフの方が「バーベキューセット(1,000円/1人)」を組み立ててくれていました。

お申し込みがある度に、毎回組み立ているようです(大変そう・・)。

 

包丁や食器類は用意してくれるので、基本的には”食材”と”炭”を持っていけば大丈夫です!

 

一緒に来てくれたやどかり仲間たちがホントに色々と手伝ってくれて、助かりました(元々は一人で来る予定だったという・・笑)!

 

マングローブの横でBBQ!

いつも以上に、BBQで食べる食材が美味しく感じました^^

 

マングローブ茶屋のシャワー事情

宿泊・・・ということは、当然シャワーを浴びますよね。

HPの案内には、シャワー有となっていたので大丈夫かな?と思っていたのですが・・・

 

正直、使うのは少し勇気がいるような感じでした(外にあるかなり年季が入った施設)。

今回は女性もいるので「どうしようか・・・??」と困っていたところ、近くに銭湯があるという情報入手!

 

ということで、お風呂は近くの銭湯「奄美体験交流館」に行ってきました!

近く・・・といっても、車で10分くらいかかる場所にあります。

 

外観が体育館みたいな感じだったので、あまり期待してなかったのですが・・・

かなりしっかりした銭湯でした(これは助かる)!

この薬草湯は、スタッフが毎日丁寧に薬草を絞っているようです。

 

休憩所もあり、結構くつろげる空間でした!

休館日 : 毎週月曜日(祝祭日は開館、翌日休み)

利用時間 : 奄美体験交流館9:00~21:00、お風呂 平日・土15時~21時/日13時~21時

風呂利用料金:大人510円/小中学生200円/未就学児無料/65歳以上300円

 

テント泊の夜は要注意!?

お風呂から帰ってきたころには、すっかり静けさを増し、キレイなお月様も。

それから僕らは、真夜中まで飲み会をしたり、ちょっとドライブに出かけたり(飲酒運転はしてませんよw)・・・楽しい時間を過ごしました。

もう本当に、サイコーの思い出になりました。

・・・ここまでは。

 

翌日、、、朝日がもうすぐ登ろうかという頃・・・。

 

・・・めちゃくちゃ寒い!!!

 

そう、いまはもう11月(ちょうど11月01日になった日でした)。

山の朝の冷え込みを完全に舐めていました。

 

もうね、寒すぎて・・・

他のメンバーにひっついて布団にくるまってました。苦笑

 

夏は大丈夫だと思います。

けど、10月頃からは本当に気を付けて下さい。

(そしてマングローブ茶屋のスタッフさん!こんなに寒いなら、もう少し布団ください)

 

 

そんなこんなで、奄美大島なのに極寒で風邪をひきそうになりながらも・・・なんだかんだ楽しかったテント泊!

次は防寒対策してこよう!笑

一緒に来てくれた、やどかりメンバー。

そしてマングローブ茶屋のスタッフさん、ありがとうございました^^

 

 

奄美大島ドライブで絶景スポットを周ろう!

奄美大島最終日、ゲストハウス「やどかり」で知り合った美女二人と一緒にドライブへ!

(決してパシリになったわけじゃありません!・・・たぶんw)

 

車でちょっと市街地を外れると、たくさんの魅力的な自然・海・観光スポットを周ることができます。

 

土盛海岸

最終日ということもあり、空港近くを中心に周ることに。

奄美大島に来たのだから、やっぱりキレイな海が観たい!!

・・・ということでやってきたのは、「土盛海岸」。

空港のすぐ先なので、空港近くでレンタカーを返す前にサクっと寄ることができるのがGOOD!

(あとで紹介する「あやまる岬観光公園」が近いのも魅力)

 

やっぱり奄美大島、めちゃくちゃ海がキレイですわ~!

こんなにキレイな海なのに人が少なく、とてもまったりできる空間です。

 

写真もこんなに良い感じに撮れちゃいます♪

 

時間がある方は、是非シュノーケルなどをしてキレイな海を堪能してください!

 

あやまる岬

土盛海岸のすぐ先には、「あやまる岬」があります。

ここでは、奄美大島の海を一望できる展望台があります。

ここは定番の撮影ポイント。

 

この日は天気にも恵まれ、こんなにキレイな空が広がっていました。

 

こちらは、とてもキレイな展望台。

ここから、奄美大島の海を一望できちゃいます!

 

今回は最終日ということもあり、あまり多くを周れなかったのですが、そのほかのオススメスポットもご紹介。

 

おがみ山の展望台

 

奄美大島酒造の見学

 

マテリヤ滝

 

是非、奄美大島に来た際はレンタカーでドライブも楽しんでみて下さい!

 

 

奄美大島の1ケ月の旅を終えて

今回の奄美大島の旅は、1ヶ月間の長期旅。

ゲストハウスに宿泊していたこともあり、多くの出会いがありました。

やっぱり、離島ならではの、のんびりした感じが好き!

僕がカメラを持っていて明らかに旅行者っぽかったのもありますが、一人でいると色んな人が僕に話しかけてくれました。

 

特にオススメスポットは加計呂麻島

今回の旅で、特に僕のお気に入りは「加計呂麻島」。

 

こちらは、加計呂麻島で撮影した星空。

奄美大島に来たら、是非一度は行ってほしい神秘の場所です。

 

勿論、奄美大島にきたら、比較的簡単に行くことができる離島なので、是非行ってみて下さい!

そこには、ずっと居たくなるような”非日常”な環境がありますよ^^

 

最後に

今回は、観光スポットやオススメ宿について、備忘録的な記事を書きました。

奄美大島に1ヶ月間滞在したのは、「離島ライフ」に憧れを持っていたから。

実際に見てみないと、本当に自分にあってるかわからないと思ったからです。

 

実際、行ってみて色々と感じた部分はあります。

そのあたりは、別記事にて離島ライフについて書きたいと思います。

 

離島ライフに憧れる方は、まずはLCCで気軽にいけるようになった奄美大島、行ってみてはどうでしょう??

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です