【外注化のコツ】アフィリエイトで稼ぐなら〇〇を外注せよ!

こんにちは、タカシです。

今回は、アフィリエイト報酬を倍にした外注のコツについてお伝えします。

動画で解説していますので、文章よりも動画のほうが伝わるかと思います。

 

アフィリエイト作業を自動化するなら〇〇を外注せよ!

 

結論から言ってしまうと、体験談を外注せよってことです!

 

王道の外注化手法を試したら失敗した

外注って人によって色々とやり方があると思うのですが、アフィリエイトの外注として一番王道と言われるやり方は、

  1. 攻めるジャンルのキーワードをひたすら洗い出す
  2. キーワードの取捨選択
  3. キーワードにそった記事タイトルを決める
  4. タイトルにそった内容を外注さんに依頼

このような流れで外注している方が多いようです。

 

実際、僕もこの手法でいくつかサイトを作ってみたのですが、王道の外注化方法では全く稼げるサイトにはなりませんでした

もちろん、このやり方で稼げている人も沢山いるので僕のやり方が悪い部分の多々あったのでしょうが、それ以上にこのやり方ではダメだと思うことがありました。

それが、「オリジナリティの欠如」です。

こちらが指定したキーワードやタイトルで記事の作成を依頼すると、当然外注さんもそのサービスを知っていないことが多いです。知識0の状態からネットで色々と調べても、結局表面上の浅い知識で書く記事にオリジナリティは生まれません。

調べる時間もかなり掛かることから、結局は低クオリティの記事が納品されてしまいます。当然、サイトのアクセスも伸びず、稼げないサイトになってしまうのです。

 

オリジナリティを出すには体験談が一番!

一方、体験談を書いてもらう場合は、すでに外注さんが知っているサービス・商品なので、新たに調べる情報量も少なくなります。実際に使っていますから、本当に良いものなのかどうか、リアルな体験談を書くことができます。

外注さんがスラスラ記事をかけるので、高クオリティな記事が納品される確率が格段に上がります。

 

また、キーワードリサーチで見つからないお宝ワードが見つかる場合もあります。

例えば、

依頼:「ご自身が今年使った年賀状印刷サービスについて、メリット・デメリットを書いてください」

このようにお願いすると、キーワードプランナーを使っても出てこないサービスについて書いてくれる人が出てきます。

このようなサービス(キーワード)の場合、ライバルの数もぐっと減るので、アクセスの集まる記事になりやすいです。

※具体的には動画で説明しています。

 

このような理由で、僕は外注さんに記事を依頼するときは基本的に「体験談」を書いてもらうようにしています。

もちろん、キーワードの網羅性が足りない等といったデメリットもありますが、そのあたりはアクセスが集まってから対策を取れば十分です。

 

次回は、もう少し突っ込んだ外注化のコツについてお話しますね!

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください