プロ夜景写真家に一眼レフカメラの撮影方法を教わったら凄かった!

どうも、山本です。

先月、プロ夜景写真家の中村さんに「夜景撮影のテクニック」について教わってきました。

人生初の一眼レフカメラ。「なんだか難しそう~」って思っていましたが、プロに教わったら驚くほどキレイな写真が撮れるようになりました!

【5万円以下】一眼レフカメラデビューにオススメ!CANON EOS KISS7購入しました

 

 

 

プロに教われば初心者でも一眼レフでキレイな夜景が撮れる!

今回、中村さんに夜景撮影を教わった場所は「横浜大さん橋」。

そこまで人も多くなく駅からも近いので、夜景撮影初心者にオススメです。

 

一眼レフで夜景撮影に挑戦してみた

早速、一眼レフカメラで撮影してみました。

 

う~ん。全体的に暗い(笑)。

 

そこから、色々と中村さんに教わったところ・・・

 

凄くないですか!?

流石プロ・・・こんなにすぐにキレイな写真が撮れるようになるとは。

 

 

スマホと一眼レフカメラ。夜景写真はどのくらい違うの?

最近はスマホのカメラ性能がとてもよくなったので、カメラを購入する人が少なくなりました。

「スマホでも夜景撮れるんじゃない?」と思ったので、スマホと一眼レフカメラを比較してみました。

 

【18:00】スマホと一眼レフ写真比較

こちらがスマホで撮影した18時の横浜(完全オート撮影)。

 

そしてこちらが、一眼レフで撮影した18時の横浜です。

 

スマホの写真は、少しだけ撮影時間が早かったこともあり、夕焼けはキレイに撮影できているように見えますが、全体的に暗い感じがしてしまいます。オート撮影だったので、ISO感度を変更すればもう少しマシになるかとは思いますが、なかなか上手く撮れませんでした。

一方、一眼レフカメラの写真はまだ明るい時間帯でも、ビルの光がしっかりと写っていますね。これは、撮影時間を長くすることで沢山の光を集めて撮影しているからです。(シャッタースピード20秒くらい)

 

【18:40】スマホと一眼レフ写真比較

こちらは周りが暗くなった18:40頃に撮影したスマホ写真です。

 

一方、こちらは同時刻の一眼レフカメラ。

 

使っているスマホがGalaxyS6(夜の撮影に強い)なので、スマホでも結構キレイに撮れました。

それでも、臨場感や鮮やかさは一眼レフの方が断然良いです。

 

拡大するとスマホと一眼レフ写真の違いは一目瞭然

スマホと一眼レフ写真の違いは拡大するとより顕著に分かります。

 

こちらがスマホ写真を拡大したもの。

 

こちらが一眼レフ写真を拡大したものです。

 

スマホは全体的にぼんやりとした光で、ざらざらしています。

一方、一眼レフは光がよりくっきり写り、ざらざらした感じも無くなりましたね!

 

一眼レフ初心者がすぐに夜景を撮れるようになったテクニック

何度も言いますが、僕は一眼レフカメラ初心者です。

それが、10分くらい指導してもらっただけで、めちゃくちゃキレイな写真が撮れるようになりました。

 

一眼レフって難しいイメージがありますが、覚えることは以下の5つ

  1. 撮影時間
  2. 撮影設定(撮影モード、絞り、ISO感度)
  3. セッティング
  4. フォーカス合わせ
  5. 露出補正

 

この中で、やっぱり覚えることが多くて難しいのが撮影設定。

それでも、設定するのは「絞り優先モード」にして「絞り値」「ISO感度」の調整をするだけ。

最初は難しく感じるかもしれませんが、何枚も撮影しているうちに自然と身についてきました。

 

撮影設定方法については、トリップラ―というメディアに詳しく書かせて頂きました。

http://tripler.asia/night-view-photo/

 

 

一眼レフカメラを全く使ったことのなかった僕が、今回の中村さんの指導でグッと撮影スキルが向上しました。

中村さん、ありがとう!!!

 

昨日までいた加計呂麻島でも、一眼レフカメラのおかげでキレイな夜景写真を撮影することができました。

「一眼レフカメラって難しそう・・・」そう思っている方こそ、是非一眼レフカメラに挑戦して下さい^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です