特定の1記事だけを違うドメインに移行する方法。SEO効果は??

今回は、久しぶりにSEOの話です。

僕はよく「こんなサイトあったらいいな~」と思って新規ドメインを取得するのですが、数記事投稿したところで飽きちゃって放置サイトに・・・ということが頻繁にあります。(笑)

そんな時に1記事だけアクセスの多い記事があると、「この記事だけメインサイトに移したいな・・」って思うことが結構ありました。

 

でも、特定の1記事だけを別ドメインに移すと、重複コンテンツのペナルティリスクが不安だったり、検索順位が戻らないんじゃないかと思ったりして、なかなか実行に移せていませんでした。

ですが今回、初めて特定の1記事だけを当サイト(takashi-blog.com)に移してみました。その結果、移行前よりも検索順位が上昇したので、移行方法を含めてご紹介します。

 

特定の1記事だけを別ドメインに移した時の検索順位変動

今回、当ブログ「takashi-blog.com」に移した記事はこちらです。

Kindle Fire タブレットで『dマガジン』を使う方法【root化無】

Kindleで、dマガジンという月額制読み放題サービスを使う手順について解説しています。

以前運営していた別サイトでは、この記事だけアクセスを集めていました。

でも、そのサイトは今後ドメイン更新していかない予定なので、この記事だけ当ブログに移してみました。

 

1記事だけ別ドメインに移した時の検索順位変動

こちらが、以前運営していたドメインでの検索ワード別順位です。

「kindle dマガジン」で6.2位、「dマガジン fire」で9.0位でした。この記事のアクセス数は、約20UU/1日。記事を掲載したのが1年半程前なので、ずいぶん古い記事になります。

因みに掲載してから最初の1年間は、「kindle dマガジン」で3~5位くらいでした。その時は50UU/1日くらいあったのを記憶しています。

 

そして、こちらが当ブログに記事を移行して15日後の検索順位。

なんと半月以内に、元ドメインの検索順位よりも上位に表示されました。

しかも、元ドメインではなかった「kindle fire dマガジン」というキーワードでも上位表示しています。

勿論、記事の内容はそのままです。

 

「kindle dマガジン」の個別ワードでの平均掲載順位の変動はこちら。

10月01日に移行先で記事を投稿し、その2日後の10月02日に早速20位にインデックスされました。

その後順調に順位を伸ばし、1週間後の10月08日には2.2位の順位になっていました。

 

流石にここまで早く検索順位が戻る(むしろ良くなる)とは思わなかったです。

大成功!!

 

特定の1記事だけ別ドメインに移す方法

それでは、今回僕が実践した「1記事だけ別ドメインに移す方法」について解説します。

やったことは大きく2つ。

  • プラグイン「DeMomentSomTres Export」を使って記事のお引越し
  • 301リダイレクトの設定

プラグインを使うことで簡単に記事を移行でき、301リダイレクトで重複コンテンツのペナルティを避けます。

それでは、1つずつやり方を解説していきます。

 

「DeMomentSomTres Export」で記事&画像を楽ちんお引越し

記事の移行は、「DeMomentSomTres Export」というプラグインを使うことで簡単にできます。

このプラグインを使うメリットは、「画像も同時に移行できること」にあります。

 

使い方については、こちらの記事を参考にさせて頂きました。

WordPressで特定の記事と画像を簡単に別ブログへ移転する方法

カテゴリごとにまとめてエクスポートするので、移行したい記事専用のカテゴリーを作ってください。

あとはXMLファイルを移行先でインポートすれば完了です。

 

301リダイレクトの設定方法

記事の移行ができても、それで安心してはダメですよ!ちゃんと「301リダイレクト設定」をしないと、Google様に「重複コンテンツ」と認識されてペナルティ食らっちゃいます。

301リダイレクトを簡単に説明すると、「URLが変更されたことを知らせる通知」であり、「元URLから移行先URLにジャンプさせる処理」をしてくれます。

やることは、移行元ドメインの「.htaccess」ファイルに、301リダイレクトの処理を追記するだけです。言葉だけだと簡単なのですが、実際にやるとなると、特にFFFTPなどのツールを使ったことが無い方は結構苦戦すると思います。

 

まずは、FFFTPで移行元ドメインの「/public_html」にアクセスします。

(※FFFTPの使い方が分からない方は、こちら)

 

次に、「.htaccess」ファイルをダウンロード。

 

「.htaccess」ファイルに、以下のコードを追記します。

redirect 301 /aaaaa https://移行先ドメイン.com/bbbbb/

※今回は、【http://移行元ドメイン.com/aaaaa】から、【https://移行先ドメイン.com/bbbbb/】に移すと仮定しています。移行元ドメインは、記事のパーマリンクのみ。移行先はすべてのURLを書きます。

 

上記コードを、「.htaccess」ファイルの赤枠の部分に追記します。

 

コードを追記した「.htaccess」ファイルを、元の場所(/public_html)にFFFTPで戻します。

以上で、301リダイレクトの設定は完了です。

 

きちんとリダイレクトされているかどうか、元ドメインの記事にアクセスして、新ドメインにリダイレクトされているか確認してみましょう!自動で新ドメインにジャンプすれば、正しくリダイレクトされていることになります。

 

個別記事の移行が成功したと思われる要因

今回は、思った以上に上手く個別記事の移行が出来ました。

検索順位が元ドメインの時よりも上がったので、大成功と言えますね。

今回上手くいった要因を、いくつか考察してみました。

 

移行先ドメインの方がドメイン評価が高かった

今回、検索順位がすぐにあがった一番の要因が「移行先ドメインの方がドメイン評価が高かった」事だと思います。移行元ドメインは、もう1年以上更新していない状況でした。一方、移行先の当ブログは、最近ちょくちょく更新しているブログです。

もし、定期的に更新しているブログから、新規ドメインのブログに移行する場合、今回のようにすぐに検索上位表示しないどころか、永久的に元の順位に戻らない可能性すらあると思います。

 

SNSの「いいね!」などが付いていなかった

今回移行した記事には、Facebookの「いいね!」などは付いていませんでした。SNSのブックマークや「いいね!」等は、検索エンジンに評価されやすくなります。しかし、URLが変更されると、せっかくついた「いいね!」等は引き継がれません。

今回の記事は、もともと無かったので影響をうけませんでしたが、もしSNSでバズッた記事だったりしたら、URLを変更することで評価が一気に下がってしまう可能性があります。記事の移行は、やはり慎重になるべきだと思います。

 

同アカウントのサーチコンソールに両ドメインを登録していた

意外と重要ではないかと思うのが、「同アカウントのサーチコンソールに両ドメインを登録していた」という事実です。

Googleが「同じサイト管理者だ」と認識できることで、ペナルティを受けるリスクが減ると思います(あくまで個人の推測です)。

特別な理由がない限り、両ドメインをサーチコンソールに登録してから記事移行したほうが良いかと思います。

 

以上、1記事のみを別ドメインに移す方法について解説してきました。

今回は上手く移行できましたが、検索順位が大きく下がってしまう可能性も十分にあります。

 

集客が上手くいっているコンテンツは特に、ドメイン移行は慎重にやってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です